個人でできる最善のネズミ駆除のやり方

バナー

個人でできる最善のネズミ駆除のやり方

静かな部屋にも関わらず、カタカタと音がするのであれば、ネズミが棲み着いている可能性があります。

ネズミはキッチン周辺の配管まわりや通風口などから、出入りしているケースが多く、黒ずんでいるラットサインを見つけたら、すぐにネズミ駆除をしなければなりません。

まずはいったん家の外に出て、ネズミの侵入口を探してください。


だいたい500円硬貨程度のサイズなので、とても小さいです。
先にも述べたように、ラットサインの部分は黒ずんで汚れているので、家を一周して小さな隙間を見つけ出すのです。



その後、室内に戻り、家に続いている穴を探します。



壁の中でカリカリと引っ掻くような音が聞こえたら、雨戸の戸袋などが怪しいです。

ネズミが多く棲み着くのは屋根裏なので、そこに昇り、壁際にしっかりと粘着シートを敷き詰めてください。家ネズミであるハツカネズミやクマネズミは、壁沿いを移動する特性があるので、それを利用するのです。
粘着シートのすぐ側に毒餌を置いて、最初の仕掛けは終了です。


下に戻ってきて、このまま日にちが経つのを待ちます。



最初の三日程度は、ネズミも警戒しているので、餌に食らい付くことはなく、ガリガリと爪音を立てます。四、五日が過ぎると、屋根裏からの音が無くなりますので、そっと上に昇ってください。
粘着シートに引っかかっている個体がいますので、すぐに回収して処分します。
その後、室内を密閉し、ネズミ駆除の煙を炊きます。

決められた時間が過ぎたら、屋根裏に戻り、ネズミが完全に居なくなったかを確認してください。

その後、ラットサインで見つけた侵入口を、金網などでしっかりと塞ぎます。


個人でネズミ駆除をする場合、もっとも効果的な方法なので覚えてきましょう。

Copyright (C) 2016 個人でできる最善のネズミ駆除のやり方 All Rights Reserved.