ネズミ駆除の成功率を上げるにはラットサインの確認を

バナー

ネズミ駆除の成功率を上げるにはラットサインの確認を

体な小さなネズミですが食べ物を食い荒らしたり、家具をかじったり。
多くの病原菌をもつため感染症の危険もあるのです。



家の中でネズミの被害があったときには早めにネズミ駆除を始めましょう。
ネズミ駆除の成功率を上げるために大切なのは、ネズミの侵入口に残されているラットサインの確認です。

ネズミが侵入してこない場所にワナを仕掛けても、かからないのです。ネズミは部屋の隅に体をこすり付けて走る習性があるため、壁の隅や侵入してくる排水溝のすき間や通風口などに、ネズミの体の汚れが付着した黒い線が残されていればラットサインの可能性があります。痕跡があった周辺に小麦粉などを薄くまいておけば、足跡が確認できるのです。

家庭でネズミ駆除に一般的に使用されるのが、粘着シートです。ラットサインがあった部屋の隅を中心に、出来るだけ多くの枚数を敷きつめます。しかし警戒心が強いネズミは見慣れないには、なかなか近寄らないのです。


粘着シートは長く置いておくと粘着力が落ちてしまうため、最初は粘着部分のシートを剥がさずに置いておきましょう。ネズミが馴染んだ様子がみられたら、シートを剥がすのです。

シートの周囲に殺鼠剤をまいておくのも効果的、毒で警戒心が低下したネズミがかかりやすくなるのです。

ワナを仕掛けるのが面倒で、屋根裏など巣の場所が分かっているときには、くん煙タイプやスプレータイプの忌避剤で追い出してしまいましょう。



ネズミの気配がなくなりネズミ駆除に成功したら、侵入口を金網やパテで塞ぎ忌避剤を置いて侵入を防ぐのです。

ネズミ駆除はワナや殺鼠剤を仕掛けても、すぐには効果が出ないのです。



設置して1週間ほどは動かさずに様子をみて、全く効果がない場合には場所を変えてみましょう。
ネズミの被害が大きく自分では手に負えないと判断したときには、専門の業者に依頼するのも選択肢のひとつです。


Copyright (C) 2016 ネズミ駆除の成功率を上げるにはラットサインの確認を All Rights Reserved.